NOTEBOOK -雑記帳-

2006年9月27日

金色に輝くベルとランプ

Filed under: 制作ノ-ト — Nozawa @

ゴ-ルデン野澤の宝物。イタリアから連れてきたベルとランプ。友人宅にお邪魔している間、このランプを見つけ火を灯して楽しんでいたら、帰る時に友人が譲ってくれた古いランプ。ずっとイタリアで息づいてきたものを日本に持ってきちゃっていいのかなと、大切に使ってきた人たちにもちょっと申しわけ無いような気にもなったけれど。有難く頂戴し、金属磨きを使ってぴっかぴかに磨いてしまった。アンティ-クなものはあんまり磨くと趣がなくなるから良くないらしい。ベルはお店で見つけたもの。形も気に入ったけど、ちょっと深めな音も気に入った。  

10.jpgさて、このランプに入れるオイルは、テロ警戒の中持ってこられるか危うかったので、帰ってから探すことに。そしたら「レインボ-オイル」なるものを発見。全12色のランプオイル。

レインボ-カラ-、色あつめ好きの私は早速注文してしまった。早く届かないかな。夜、部屋を暗くして、このランプを灯してじっと眺めるのだ~!

 

 2006.9.27

 

2件のコメント

  1. このランプ良い形してますね〜。下側のふくらんだガラスの部分にオイルを入れるんですか?
    レインボーオイルが色付きならそこから見えるってこと?
    銅版画をやってる人は、金属磨き剤も沢山持ってるし職業柄つい磨きたくなるんでしょうね(笑)
    でもきっと私も磨いちゃいます。磨くの、なんか好きです。

    コメント by 黒松 — 2006年10月2日 @

  2. でしょ!でしょ!このランプの形いいですよね。レインボ-オイルも届きました。でも、使うときは1色だけ。何色から入れようかな。
    そっか~、ピカピカにしてしまったのは職業病だったのか!
    美術家って自分の世界に入っちゃう傾向があるから、やりだしたら歯止めが利かなくなりがちでしょ?って言われるけど、磨きだしたら止まらない、ってのもそうなのかな。

    コメント by nozawa — 2006年10月3日 @

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress