NOTEBOOK -雑記帳-

2021年8月3日

ホオズキ

Filed under: スケッチ&メモ,静物 — Nozawa @

hozukiiART STUDIO NAO、2010年に始まったこの教室も今月で閉室です。

最初の時からずっと来てくださっていた生徒さん、帰り際、部屋の壁を撫でて「ありがと!」と一言。なんだか感慨深かったです。

10年ひと昔というけれど、あっという間のような。

来週いっぱいここで教室やって、あとは片付け、お引越しです。

9月からはこども教室担当の 若宮先生宅アトリエをお借りして教室を続けます。これはこれでまた楽しみ。

さて、教室の名前は何になるかな~?

 

 

2021年7月5日

フサスグリ

Filed under: スケッチ&メモ,静物 — Nozawa @

kusasuguri先日見つけたかわいい赤い実。

これはフサスグリ。このフサスグリはジャムなどにして食べられるようだけど、はびこって大変なのだとか。

昨年の秋。名前がわからないのですが、やはりかわいい赤い実を花瓶にさしておいたらそのうちに根が生えてきました。植木鉢に植えたところ、最近ナスの花のような紫色の小さな花を咲かせました。なんていう名前の植物だろう・・・、植物図鑑やネットで調べたところ、どうやらナス科の植物らしいというのはわかりました。

ワルナスビ、バカナス、ヒヨドリジョウゴ、マルバノホロシ、ヤマホロシ、ツルハナナス、

・・・いろいろあるけれど、ナスってろくな名前つけてもらっていない。ワルナスビは名前の通り毒持はびこる嫌われ者。花は似ているけれど、棘とか、葉の形、花色の変化や実の色などが違っていて、ワルナスビやバカナス、ツルハナナスではなさそう。

そういえば以前、ゆすら梅も庭に植わっていたけれどいつの間にか消えちゃったな。

 

 

2021年6月21日

アジサイ

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

ajisai2021ちょっと久々の更新になってしまいました。

実家の庭にたくさん咲いたガクアジサイです。

私が一番好きなのはスミダノハナビですが、こちらはなかなかきれいな花をつけてくれません。

 

いつも同じような一方向ばかりのニュースは見たくもなく、戦争に突入した時の日本もこんな感じだったのか?って感じで、

安心安全なオリンピックパラリンピック終わったら76年前の8月のようにならなきゃいいが・・・

と、いろいろ言いたいことはあるけれど、これもあまりよくないのかしら。

私はテレビを消して、おとなしく絵描いて、すきなピアノ弾くことにします。

 

 

 

 

2021年4月26日

みどりの季節

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

3tg桜の季節も早々に、みどりが映える清々しい季節になりました。

絵に、このみどりの気持ちよさを映し込めないかな、と描いてみました。

どこか出かけたいけれど、人混みは避けたいし・・・先祖の墓参りにドライブ。

ほとんど人は見かけず、ガランとしていて。

墓石を洗ってお線香を供え、暫く佇む。煙が立ち上り、流れる雲を見上げ、穏やかな時間。

ゆっくり流れるアナログ的な時間は、デジタルまみれな日常を洗い流してくれるよう。

…何言ってるんだか。

 

 

 

2021年3月13日

ペネローペ秋

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

penerop2 前回のペネローペは春咲き、こちらは秋咲き、春より色がこっくりしています。

ART STUDIO NAO,たまプラーザ駅近くの絵画教室として2010年から約10年間続けてきましたが、8月をもって閉室することとなりました。建物の老朽化による取り壊しの為です。

当時教わっていた英語のNeil先生に「ここで教室やってみたら?」とお話をいただいて、部屋を改造したりペンキを塗って壁に絵を描いたり・・・愛着のある場所なだけに残念です。

机や椅子の処分などこれからいろいろ大変そう・・・。

9月以降は、駅から遠くなりますがたまプラーザ教室は水彩画教室・子ども絵画ともに続ける予定です。今後ともよろしくお願いいたします。

2021年3月2日

ペネローペ春

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

penerop1 今年の2月は比較的暖かな日が多かったような。

最近、あまり絵を描くことがなく更新もほったらかし。

だいぶ前に描いた春と秋のバラの絵が下書きとして残っていました。

 

先日、水彩色鉛筆を買い込みました。

何描こうかな。

2021年1月28日

ドローイング

Filed under: その他,スケッチ&メモ — Nozawa @

image5 学校から貸し出されたipadに入っているお絵描きソフトを使ってちょっと練習。ペンタブを使って落書きしてみました。→ドローイング。丑年なのでこれにちょっと付け足して。でも、触覚的なものは出せないのでちょっと物足りないな・・・。

夫が夜に39度台の高熱を出しました。人の中に出かけてもいないし、咳も出ていないけれど、この時期、最初に疑うのはやはりコロナ。

 PCRは陰性でほっとしたけれど、なんだか気が重い・・・。

今は夜に熱を出してしまうと夜間外来では診てくれないし救急車も帰ってしまうのね。穏やかな日常がはやく戻りますように

 

2021年1月3日

みかん

Filed under: スケッチ&メモ,静物 — Nozawa @

mikan
2021年も3日目。

去年はポルトガルからの帰り道、トランジットで降りたドバイで初日の出を迎えました。

今年はどこも行けずに寝正月。

 

コロナも落ち着いていい年になりますように

2020年11月27日

祈り

Filed under: スケッチ&メモ,静物 — Nozawa @

hi3私が高校生の時に予備校で出会った師匠、佐藤全孝先生。ゼンコー先生、と呼んでいた。

今年の春に亡くなったという知らせ。

絵を描くということの根本を教わり、本当にお世話になった方だ。

受験生だったから、描く絵は石膏デッサンや油絵漬けの毎日だったが、

そんな基本の中で、絵画の[空間]や[かたち]について、多くのことを教わった。

空間の重さや、そこにあるかたち、をどうやって出していったらいいのか。描けなくなってしまったこともあった。

私が描く水彩画の空間の在り方は、多分、受けた影響は大きいと思っている。

私の展覧会にはいつも足を運んでくださり、いろいろ助言もしてくださった。

 

先生は、昔はあまり展覧会をしないご様子だったけれど、私が大学を卒業してだいぶたってから展覧会の案内をいただくようになった。

しばらく「祭壇」というタイトルの作品が続いていた。

見ているとなんだか怖くなる、精神と肉体とに分けるなら、引きちぎられた肉体のような、激しいストローク。

長く闘病されていたが、絵を描くことだけが楽しみだった、という奥さんの言葉。

身を削るような、絵に身を捧げた、という迫力が伝わってくる。

 

気に入って求め、私の家に飾ってあるのは「遠い日・いつか いつも見ていたような気がする 白い時間」というタイトルの作品。

遠いどこかへ、吸い込まれていくような、静かで、穏やかで、今はそんな時空に居られるのかしら。

 

2020年11月6日

たまご

Filed under: スケッチ&メモ,静物 — Nozawa @

tamag なんだか訳のわからぬうちに、今年も残すところあと僅かになってしまいました。

天気の良かった先週の日曜日、仕事も休みだしちょこっとドライブに出かけました。

帰りがけ夕方日も暮れるころ、渋滞気味の高速道路でなんだか異音が。

高速道路なのになんでガタガタ道なんだろう?と思っていたけれど、音が鳴りやまないので路肩に止めて・・・

なんと前輪がぺしゃんこではありませんか!

救援が来るまでの間、三角表示板はどこだっけ?と探し出し、車から出て10mくらい離れて待っていると警光灯をピコピコさせた車が20分ほどで到着。ほっとしたのも束の間、怪我がないか確認して「JAFが来るまで待っててください」と言い残して去っていき。ゴーゴー行交う車の騒音と不安の中、1時間くらい待って・・・あ!来た来た。

JAFのお世話になり家まで約40KM、レッカーに引きずられて自宅まで戻りました。

高速道路でパンクなんて、あまりスピードが出ていない時でよかったけれど。ひゃ~参った参った。

 

Older Posts »

Powered by WordPress