NOTEBOOK -雑記帳-

2010年3月28日

準備

Filed under: 制作ノ-ト — Nozawa @

新しい教室開設にあたり、いつでも描けるように部屋にはcolor.jpg画材なども置いておこうと少しずつ準備。新しいパレットに好きな色の絵具を並べ、ご満悦。これがとても楽しい作業なのだ。お気に入りの絵具は、その色によってメーカーもバラバラ。セヌリエのキナクリドンレッドオレンジ、マイメリのヴェルツィーノバイオレット、フラゴナールのヴェロネーゼグリーン、・・・といった具合。こうなると、絵具は描く道具というよりは色そのものを楽しむ為の玩具だ。色気はないが色は好き。

私はよく音楽を聴きながら作業する。音は色彩を孕んでいるが、「音の色」が絡み合って、音楽のリズムとともにあるかたちを成してくる。奏でられる「色」は楽曲の流れに伴って変化する。時や空気の色もそうだ。それら浮かんできた色と、絵具の色は、必ずしもぴたりとは来ない。だからこそ、今度は「浮かんできた色」を表現してみたくなってくる。

音・色・匂・触・・・感覚を開放して何かを作り出そうとするときに、いつも助けてくれるのは、適度に狭い部屋の、何も無い白い壁。

2010.3.28

2010年3月24日

水彩画教室

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

printemps2.jpg

2ヶ月前まではこんな事になるとは思いもよりませんでした。来月半ばから私の新しい水彩画の教室、「ART STUDIO NAO」をオープンします。(NAOってちょっと恥かしいけれど。)

自分のアトリエをもてたらなぁ、と心のどこかで思ってはいたけれど、時間も資金もないし具体的なことは何も考えてはいませんでした。ところが、意外なところから 興味があるならやってみないか?とのお話をいただいて、チャレンジすることにしました。
Evergreen’s ART STUDIO NAO、です。 少人数制、小さなスペースですが、大きな窓で、私好みの落ち着いた空間です。お隣りの部屋は英語教室、 来週Evergreenは春季休業、その間に綺麗に壁など塗って、皆さんのお越しをお待ちしたいと思います。

2010.3.24

2010年3月17日

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

spring.jpg 先日は大学の謝恩会に行ってまいりました。版画の講師を終えてちょっと経ちますが、いまだに呼んでくれて有難い事です。大学へは水彩を教えにたま~に行きますが、版画専攻の学生とは授業で接する機会はありません。学校では作業着姿のインクまみれな人たちが、謝恩会ではそれぞれ個性的な姿で楽しませてくれました。そんな場でさえ、真剣な眼差しで絵について突っ込んだ質問をしてきてくれた院生、なんだか嬉しかったです。主体的な姿勢って、やっぱりいいね。

年度変わり、気持ちも新たに。
カルチャーセンター青葉台東急(South-1 別館5F)ロビーにて皆さんの作品を展示中です。水彩をはじめて1年そこそこの方もいらっしゃるのですが、額装された作品はなかなかのものです。私は生徒運に恵まれているようで、皆さん本当に熱心で、また魅力的な絵を描いちゃう人たちが不思議と寄って来て下さるのです。 

さて、先日ちらっとご紹介した、たまプラーザの教室は、4月中旬スタートの予定です。近くには公園もありスケッチも出来そうです。

2010.3.17

2010年3月5日

spring

Filed under: スケッチ&メモ, — Nozawa @

spring21.jpg そろそろ啓蟄、空気もふんわりと春らしくなってきました。

学校は学年末で慌しい日々ですが、あとは遅れた生徒の提出を待つのみ。今日は束の間の休日です。1年あっという間、高校で選択しなければ中学3年で美術の授業はなくなります。私は3年生を担当しているのですが、感想の欄に「美術は苦手だったけど、自分なりの表現をすることがわかって夢中になって作れて楽しかったです。・・・」なんてコメントがあると、あぁよかったとうれしい気持ちになります。

さて、ひょんな事から4月よりまたまた水彩教室が増えることになりました。もういっぱいいっぱいだと思っていたけれど、まだ時間を有効に使えていなかったんだな。東急田園都市線たまプラーザ駅近く、こちらは部屋は狭いですが、常時私の教室として使えるので、時間を作れる限り開けていきたいと思っています。中学以来筆は握っていないという方も大歓迎です!詳しくはまた後ほど。

2010.3.5

2010年3月1日

曲者

Filed under: 制作ノ-ト — Nozawa @

私はもともと目は余りよくないのだが、近頃更に見え難いので目医者に行くと、瞳ど真ん中 水晶体の裏側から来る進行のはやい白内障で今年中に手術したほうがよいということだった。人口水晶体は40年程持つらしいが、その後どうなるの?お医者さん曰く「40年経ったら考えましょ」 ま、そりゃそうだ。。。白内障の手術はあっという間に終わるようだしそんなに心配ではないけれど、それよりも目の神経が相当曲がっているらしく緑内障の疑いもあるということで、日を変えて検査をすることになった。
そうか~、緑内障じゃ困るなぁ・・と、 なかなか検査しに行く気になれずに1ヶ月。
インターネットでできる視野検査のサイトで試してみては、どうも視野が欠けているようにも感じ、不安は募るばかり。そして先日やっと検査に行ってきた。
結果は視野に異状なし。
あ~よかった! お医者さんも甲高い声で「よかったね~~!」と。
視神経の曲がりは生まれつきのもので、問題ないということだった。
曲がっているのは根性だけじゃなかったか。
晴れ晴れとした帰り道だった。

2010.3.1

Powered by WordPress